コーチ紹介
 
川口 力哉(かわぐち りきや)

1975年和歌山生まれ
アクティブラーニング・プラティクショナー。
智弁和歌山高校出身。 早稲田大学理工学部卒業。大手進学塾にて難関高校受験数学を指導。

ごあいさつ


中学生の頃から、なぜか塾に興味があり、タウンページを片手に地元和歌山の学習塾に片っ端から電話するぐらい塾オタクでした。開校に当たっては、塾オタクだった当時の自分が通いたくなるような学習環境とカリキュラムを準備いたしました。人は出会いによって、その人生の角度を微妙に変えてゆくものです。わたしたちとの出会いが、子供たちの豊かな未来に少しでもプラスになってくれればと心から願って!


 
谷 美里(たに みさと)

1984年ロサンゼルス生まれ
世田谷区立弦巻小学校卒業。慶應中等部、慶應女子高を経て、慶應義塾大学経済学部を卒業。同大学院修士課程修了後、博士課程でニューヨーク州立大学に留学。
学生時代から、家庭教師として生徒を指導。
教員免許(高校地歴公民、中学社会科)

ごあいさつ


 「特技は?」と訊かれたら、私は「何でも楽しめること」と答えています。子ども時代、その特技を活かして、勉強も楽しんでやりました。しかし、決してテストの点数がいつもよかったわけではありません。勉強をしていると、自分が興味をもったテーマについて調べはじめてしまい、しょっちゅう脱線します。また、分からない問題は納得いくまで考えないと気が済まない質なので、ちっとも捗りません。テスト前日でも平気でそれをやるので、そんなときは当然テストの結果はよくありませんでした。
 受験という差し迫った状況にない限り、子どもたちには、できるだけのびのびと勉強して欲しいと思っています。そして、それぞれの勉強の楽しみ方を見つけて欲しいと思います。脱線しながら学ぶ、こだわって考える、効率よくやる方法を編み出す、友人と協力する、何でもいいと思います。私たち講師は、ひとりひとりに合った勉強の仕方を引き出し、サポートしていきます。
 受験という状況になったら、それまでに見つけた勉強の楽しみ方のうち、受験に役立つものは武器として使い、役立たないものはしばらく封印or控えめにします。そして、受験があるからこそ得られる大切な能力——目標を立て、それに向かって努力する力——を養うのです。子どもたちの頑張る力を引き出すのも、私たち講師の重要な役目です。
 受験を意識した勉強と受験にとらわれない勉強、その両方を経験することで、たくさんの能力を身につけられると感じています。楽しむ力と努力する力の両方が備われば、それは、子どもたちのこれからの人生を豊かにするための底力になります。そのために私たちにできることは、何でもしたいと思っています。


 
特別顧問  藤田 康範(ふじた やすのり)

1968年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。
慶應義塾大学経済学部卒業。同大学院修士課程修了。
東京大学工学系研究科博士課程修了(工学博士)。
現在、慶應大学経済学部の他に、同大学院健康マネジメント学科、早稲田大学院スポーツ科学研究科、静岡文化芸術大学、慶應義塾高校、慶應女子高校でも教鞭を執っている。また過去に、開成高校、武蔵高校でも教鞭を執った経験をもつ。
著書に、『コミックでわかるピケティ入門』(KADOKAWA/中経出版)、『図解世界一わかりやすい経済学の授業』(中経出版)、『経済戦略のためのモデル分析入門』(慶應義塾大学出版会)、『Wall Streetの英語』(シグマベイスキャピタル)、『経済金融のための数学』(シグマベイスキャピタル)など多数。