はじめに


「向学心を伸ばす」
私たちが教室運営を進めてゆく中で、最も大事にしているキーワードがあります。それは、『向学心を伸ばす』ことです。どんな風に授業を進めれば勉強が面白いと感じるのか? どんな風に接すれば教室に通うことが楽しいと感じるのか? その答えはこどもたちの数だけあるものだと考えています。当教室は専任講師による担当制ですので、お子様ひとりひとりに合った、きめ細かい個別指導と愛情を込めた応対により、子どもたちのやる気をしっかりとサポートいたします。

「生徒が先生に説明するアクティブラーニング」
当教室では講師が生徒に解説した後は、今学んだ知識を今度は生徒が講師に説明するアクティブラーニングの時間を大切にしています。英語でいう、“To teach is to learn." (教えることは学ぶこと)の諺通り、教わった知識を他者に伝えることで理解がより深まるのです。そしてテキストのその先に広がる世界を視野に入れた上で、私たち講師は授業の中で子どもたちの知的好奇心や向学心の芽を大切に育みたいと考えています。

「大切にしたい心があります」
時には自由英作文の中で思いついた『Newton』というキーワードをきっかけに、物理学の万有引力や遠心力の法則にまで話が発展していくことがあります。これこそが、これからの入試で求められる分野複合型学習の芽なのだと信じています。好奇心・向学心は周囲に伝播していきます。講師が、隣の生徒が、何かについて面白そうに語れば、まわりの生徒たちも何だろう、と興味をもつようになります。授業中でも学問にまつわる発言ならば、一見目の前の授業とは何ら関連がないように思えても、必ず尊重します。そんな知的好奇心と向学心の発育を促す学習環境づくりを目指して、私たちはこれからもGREEN STARを運営していきます。